体性感覚の感覚路
Pocket

1.用語

A表在覚=温度覚+痛覚

B非識別型触覚:単縦な感覚・粗大な感覚

C意識的深部感覚:運動・位置覚/振動覚
C識別型触覚:精密な感覚/複合感覚

D無意識的深部感覚:筋紡錘・腱紡錘から伝えられる感覚

 

2.感覚路とは

感覚は、抹消にある感覚受容器(皮膚・粘膜・骨・筋・腱など)でとらえられ、中枢である大脳皮質の感覚野(一次体性感覚野)で認識されます。この抹消から中枢への情報の伝わり方を「求心性」と呼んでいます。

 

3.体性感覚の分類

頸部から下の感覚は、脊髄神経感覚繊維によって脊髄に伝導されます。中枢神経内部では、A表在覚 B非識別型触覚 C意識的深部覚識別型触覚がそれぞれ同じ伝導路を通り大脳皮質へ伝わります。D一方、無意識型深部感覚は、独自の伝導路によって小脳皮質へ伝わります。

 

A表在覚
表在覚(温度覚・痛覚)の伝導路は、外側脊髄視床路です。

経路として、感覚受容器が温度覚・痛覚を受容→1次ニューロンは後根神経節を通る→2次ニューロン後角を通る(その場に脊髄で交叉)→交叉後は対側の外側脊髄視床路を通る→3次ニューロンは視床→大脳皮質の第一次感覚野へ

 

B非識別型触覚
非識別型触覚の伝導路は、前脊髄視床路です。

経路として、感覚受容器が非識別型触覚を受容→1次ニューロンは後根神経節を通る→2次ニューロン後角を通る(その場に脊髄で交叉)→交叉後は対側の前脊髄視床路通る→3次ニューロンは視床→大脳皮質の第一次感覚野へ

*表在覚と非識別型触覚は、だいたい同じ経路と辿っています。前脊髄視床路は、外側皮質支障路よりも、少しだけ前方に位置しています。


画像①

 

C意識的深部覚と識別型触覚
意識的深部覚と識別型触覚の伝導路は、後索です。

経路として、感覚受容器が意識的深部覚と識別型触覚を受容→1次ニューロンは後根神経から同側の後索を通り上行→2次ニューロンは延髄下部の後索核で交叉し内側毛帯を通る→3次ニューロンは視床→大脳皮質の第一次感覚野へ

画像②

 

D無意識型深部感覚
無意識型深部感覚の伝導路は、上半身と下半身に分けることができます。

上半身からの感覚の情報は、後索(楔状束)を上行して延髄の副楔状束核でシナプスを形成し、同側の小脳に入ります。
下半身からの感覚の情報は、脊髄後根から脊髄内に入ると、後角でシナプスを形成し、同側の前脊髄小脳路または、脊髄小脳路を上行して同側の小脳に入ります。


画像③

 

―参考書―

引用画像
画像①②:http://www.okotono.net/entry/2017/05/10/231211
画像③:http://what-when-how.com/neuroscience/the-spinal-cord-organization-of-the-central-nervous-system-part-2/