車椅子クッションの選び方を解説
Pocket

車椅子を利用する対象者は、離床している時間の大抵は車椅子だと思います。

車椅子座位では体重のほとんどを座面で支持している為 、「殿部にかかる負担が大きい」です。

また、意識障害や感覚障害、低栄養などの対象者においては、車椅子に座る事により褥瘡が発生するケースが高くなるとされています。

褥瘡を発生させない為や、快適に日常生活が送れる為には"クッション"を使用する事が重要となってきます。

 

今回の記事では、車椅子クッションの種類や機能についてまとめていきます。

スポンサードリンク



 

 

車椅子クッションの選定

車椅子の座面シート部分は固く、長時間の座位に耐えられるものではありません。

車椅子が劣化すると、シートのたわみが大きくなる事で骨盤が傾斜したり、殿部が滑るなどにより「仙骨座り」などが生じる可能性があります。

 

選定する際、クッションを使用する目的は何なのか?を明確にする必要性があります。

 

 

クッションの目的として、

車椅子クッションの目的

・動きの補助(車椅子自走など)

・姿勢保持

・圧分性(除圧能力の高いもの)

があります。

 

しかしこの3点を全て満たすのは困難な為、ある程度の優先順位を決める必要性があります。

 

 

また、材質で分類すると、

・ウレタン系クッション

・ゲル(ジェル)系クッション

・エアー系クッション

・複合系クッション(ウレタン系+ゲル系)

の4つに分ける事が出来ます。

 スポンサードリンク



 

ウレタン系クッション


image:車椅子販売のセラピーショップ|日本最大級の車椅子通販

 

○長所

・価格が安い。

・カッターや接着剤で切ったり、貼ったりでき加工しやすく座位保持に優れている。

 

×短所

・圧分性は衰える。

・長時間使用していると、へたりが生じやすい。

・紫外線や水分に弱い為、水で洗ったり日光に干す事が出来ない。

・気候によってクッションの硬さが変わる。

 

 

ゲル(ジェル)系クッション

image:ジェルトロン総合カタログ

 

○長所

・長時間座っていても殿部痛が生じにくい。

・圧分性に優れている。

・経年変化が起こりにくい。

 

×短所

・クッション自体重い。

・長時間座っていると蒸れる。

 

 

エアー系クッション

image:わくわく直観堂

○長所

・長時間座っていても殿部痛が生じにくい。

・長期間使用していても変形が少ない。

・圧分性に優れている。

・車椅子での走行中の衝撃を緩和できる。

 

×短所

・空気量の管理を定期的に行う必要性あり。

・空気の上に座る為、姿勢が不安定と感じる場合がある。

 

 

複合系クッションル

image:サンライズメディカルジャパン

上記の材料などを組み合わせたクッションです。

それぞれの材料を組み合わせる事で効果を高めたり、短所を補います。

 スポンサードリンク



 

 

 

まとめ

前回の記事に引き続き、今回は車椅子クッションの選定について述べました。 

クッションを選定する際、車椅子を利用している対象者のニーズや全身状態、メンテナンスの容易さを配慮して選定していきます。 

またクッション使用時は、坐骨や尾骨の底付に注意し、カバーの前後・裏表の確認も忘れずに行ないます。

本日も最後まで読んで頂き有難うございました。

 

 

もっと、車椅子調整への理解を深めたい方はこちらを参照して下さい。