行動・心理症状(BPSD)を理解する。〜介入編〜
Pocket

ウェブページを閲覧して頂き有難うございます。

 

管理人のYudai@yudai6363です。

 

今回はBPSDに対しての介入を中心にまとめていきます。

 

前記事を読んでいない方は、こちらの記事を読んで頂くとBPSDの全体像が把握できると思います。

 

 

 

BPSDに対しての介入

Step1.背景因子を理解する

BPSDに対して介入するにあたり最初に行う事は「なぜBPSDが生じるのかの背景を理解する」事です。

 

BPSDの背景因子として、山口らの研究報告によると、「介入困難な背景因子」「介入可能な背景因子」があるとされています。

介入困難な背景因子
・脳病変
アルツハイマー型認知症・行動障害型前頭側頭型認知症
・認知症状(中核症状)
レビー小体型認知症に特徴的症状である幻視
・高齢期疾患
変形性膝関節症、腰痛症、呼吸不全などでADLを制限する因子が背景となる.
(例)外出したいが、自身では困難で易怒性になる。
・文化・介護者の価値観
地域の文化や、介護者の価値観によっては、認知症をオープンにする事が嫌であり、活動範囲が狭小する事で、本人の心理的面が悪化しBPSDの背景因子となる。
・生活史
人生観や性格、価値観が行動に影響する。

 

介入可能な背景因子
・薬剤
ドネペジルなどの認知症治療薬が興奮性や過活動性のBPSDに影響されるとされており、中止や軽減する事でBPSDが改善される事もある。
・住居環境
人的環境要因(介護者の人数やBPSDへの理解)
物理的環境要因(マンショや大部屋の病室は騒音などのストレスが背景要因となる)
・せん妄(意識障害)
せん妄はBPSDの悪化要因であり、せん妄に対して介入する事でBPSDが著しく改善される可能性が示唆される。
※せん妄なのか認知症状なのかは判定が必要。
・生活障害
認知症が引き起こす事でADL・APDLに障害が生じ、自信喪失へと繋がる。
・体調
疼痛や掻痒、残尿による尿意切迫で、易怒的や焦燥などの背景因子となる。
・ケア技術・関係性
BPSDを理解してない事で不適切な介入を行いBPSDが悪化する。
・不安・心配事
記憶障害や見当識障害により過去と現在のつながりが失われ、また出来ない事が増える事で不安や心配事に繋がる。

引用文献:BPSDの定義、その症状と発症要因

スポンサードリンク



 

Step2.対象者に寄り添ったケアを行う

背景因子を整理した上で、「BPSDを患う対象者を中心に考える。」といった考え方を、医療・介護スタッフや家族、介護者が心がけケアを行う介入が大切です。

 

ケア・介入においては、対象者の生活や想いに寄り添う必要があるため、BPSDの背景因子(中核症状・個人因子・環境因子)を多面的に配慮した関わり方を行います。

 

これらに適したケアとして「パーソンセンタードケア」という概念があります。

パーソンセンタードケアとは

イギリスの臨床心理士トム・キットウッドが提唱した認知症介護の理念。

「一人の人とし、個性を伸ばすだけで無く、一人の人として、周囲に受け入れられ尊重される事をより高めるケア。」

スポンサードリンク



 

Step3.介入ツールを使用する

パーソンセンタードケアに基づいた介入手段として、「dementia care mapping (DCM)」があります。

 

DCMとは、観察で得られた情報をもとに医療・介護スタッフ間で話し合い、共有し、認知症ケアの質を向上させる介入手段です。

image:パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング(DCM)

 

DCMの詳細はこちら↓

 

 

また、対象者の気持ちを共感的に理解して対策を探す介入手段として、「ひもときシート」があります。

image:ひもときねっと

「ひもときシート」の解説はこちら↓

 

これらの介入ツールを使用して医療・介護スタッフ、介護者と情報を共有し、「対象者を中心とした介入」を行っていきます。

 

スポンサードリンク



 

 

まとめ

・BPSDへの介入として、まずは「背景因子」を整理する。

・パーソンセンタードケアに基づき、「対象者を中心とした介入」を行う為には、医療・介護スタッフ、介護者とのチームでの関わりが大切。

・対象者の行動を「観察」、想いを「共有」し「尊重した関わり」が重要。

 

 

 

参考文献

 

本日も最後まで読んで頂き有難うございました。

 

スポンサードリンク