手根骨(大菱形骨、小菱形骨、有頭骨、有鈎骨)を理解する。
Pocket

ブログを運営しています、Yudai(@yudai6363)です。

 

前回の記事に引き続いて、今回の記事は、

手根骨(大菱形骨、小菱形骨、有頭骨、有鈎骨)の理解を深めようと思います。

では、早速解説していきます。

大菱形骨


※イラストは背側から

 

基本情報

大菱形骨は遠位手根列を構成する手根骨1つであり、最も橈側に位置します。

また、遠位では母指中手骨として、手根中手関節(CM関節)を形成し、尺側では小菱形骨と、近位では舟状骨と手根中央関節を形成しています。

動きとして、大菱形骨を含めた遠位手根列を構成する手根骨間には、可動性は存在せず機能上固定部分とされています。

 

触診Point

Point1:母指中手骨底部を確認

検者の指を母指中手骨底にあて、もう一方の手で被験者の母指中手骨を把持します。

被験者の手根中手関節(CM関節)の屈曲、伸展を繰り返し運動している中手骨を固定されている大菱形骨の境目を触診します。

 

Point2:舟状骨を確認

検者の指を、橈骨茎状突起に対して遠位に当て、被験者の手関節を尺屈させると、それに伴い舟状骨が突出するのが確認出来ます。

 

Point3:大菱形骨を確認

検者の指を橈骨茎状突起に当てたまま、被験者の手指をゆっくりと橈屈させます。

橈屈に伴い舟状骨は関節内に移動して行く為、検者の指では大菱形骨をはっきりと触診する事が出来ます。

 

関連する疾患

大菱形骨骨折母指CM関節などがあります。

スポンサードリンク 


  

小菱形骨


※イラストは背側から

 

基本情報

小菱形骨は遠位手根列を構成する手根骨の1つであり、橈側に大菱形骨、尺側には有頭骨に挟まれており遠位では、示指中手骨と手根中手関節(CM関節)を形成しています。
近位では、舟状骨と手根中央関節の一部を形成しています。

小菱形骨に付着する筋は、母指内転筋、短母指屈筋が起始します。 

動きとして、示指、中指の手根中手関節(CM関節)は関節面の形態や靭帯や靭帯結合の蜜さによりほぼ完全に固定されています。

 

触診Point

Point1:示指中手骨を確認

検者は、被験者の示指中手骨の骨幹背側に沿って近位へと指を進めます。

示指中手骨底部の膨らみを越えた辺りで、小菱形骨との関節裂隙を触診する事が出来ます。

 

Point2:中指中手骨を確認

続いて検者は、被験者の中指中手骨の骨幹背側に沿って近位へと指を進めます。

中指中手骨底部の膨らみを越えた辺りで、有頭骨を確認します。そのまま、橈側に指を移動させ、小菱形骨との間隙を触診する事が出来ます。

 

Point3:母指中手骨を確認

最後に検者は、被験者の母指中手骨の骨幹背側に沿って近位へと指を進めます。

母指CM関節を越えた辺りで、大菱形骨を確認します。そのま尺側に指を移動させ、小菱形骨との間隙を触診する事が出来ます。

 

関連する疾患

小菱形骨骨折小菱形骨壊死などが挙がります。

スポンサードリンク 


 

 

有頭骨


※イラストは背側から

 

基本情報

有頭骨は遠位手根列を構成する手根骨の1つであり、橈側に小菱形骨、尺側には有鉤骨に挟まれており、遠位手根列の中央に位置しています。

有頭骨は近位で月状骨と手根中央関節の一部を形成し、遠位では中指中手骨と手根中手関節(CM関節)を形成しています。 

動きとして、手関節における掌屈、背屈運動は有頭骨と月状骨の運動により生じます。

 

 

触診Point

Point1:月状骨を確認

被験者の前腕を回内、軽度尺屈位として、検者の指先をリスター結節に遠位より当てます。その後、検者の手関節を徐々に掌屈させ、関節内より突出してくる月状骨を確認します。

 

Point2:有頭骨を確認

続いて検者は、軽く圧迫を加えながら月状骨の膨らみに沿って、中指中手骨底に向かい指を移動させると、中手骨底と月状骨との間に凹を触れる事が出来ます。この凹が有頭骨です。

 

Point3:手関節を背屈する

 凹部が触診出来たならば、続いて検者は被験者の手関節を徐々に背屈させます。背屈に伴い月状骨は関節内へと滑り込んでいくので、有頭骨をはっきりと触診する事が可能です。

 

関連する疾患

有頭骨骨折
全手根骨骨折の約15%を占めるとされています。(有頭骨骨折の単独は稀であり、一般的に舟状骨骨折や月状骨脱臼を合併する事が多い。)

その他にも、有頭骨阻血性壊死有頭骨舟状骨骨折症候群などが挙がります。

スポンサードリンク 


 

 

有鉤骨

※イラストは背側から

 

基本情報

有鉤骨は遠位手根列を構成する手根骨の1つであり、最も尺側に位置しています。

また、遠位では環指、小指中手骨と手根中手関節(CM関節)を形成し、近位では三角骨と手根中央関節の一部を形成ます。

動きとして、有鉤骨は環指、小指の手根中手関節(CM関節)の屈曲/伸展運動に関与する働きあります。

 その他に、有鈎骨と三角骨を結ぶ骨間靭帯は、近位列と遠位列をつなぐリンク機構として作用し、手関節機能上で重要とされています。

 

触診Point

Point1:小指CM関節を屈曲/伸展する

検者の指を小指中手骨底部にあて、もう一方の手で被験者の小指中手骨を把持します。
その後、被験者のCM関節を屈曲・伸展を繰り返します。その際に運動している中手骨と固定されている有鈎骨の境目を触診します。

 

Point2:三角骨を確認

境目を確認した後、今度は検者の指を被験者の尺骨茎状突起に対し、遠位に指を当てます。被験者の手関節を橈屈する事で、関節内より突出してくる三角骨を触診します。

 

Point3:有鈎骨を確認

次に、被験者の手関節を尺屈すると、三角骨は関節内に移動する為、有鈎骨をはっきりと触診する事が出来ます。

  

関連する疾患

有鈎骨鈎骨折:
野球やテニス、ゴルフなどのスポーツ障害として多く見られる所見です。

 

最後まで読んで頂き有難う御座いました。
スポンサードリンク