CMOP-E(作業遂行と結びつきのカナダモデル)を理解する。
Pocket

ブログを運営しています、Yudai(@yudai6363)です。

今回の内容として、
CMOP-Eを理解する為に、内容を掘り下げて解説していきます。

 

CMOP(カナダ作業遂行モデル)は、1997年に提唱された、人と作業と環境の関係を示したモデルです。

2007年には、CMOPからCMOP−E(作業遂行と結びつきのカナダモデル)に改定され、「人は環境の中に存在しており、作業を行う事で環境と交流すると考えられています。 

CMOPとは

CMOPは、1997年にカナダのOTらによって作られた人と作業と環境を示したモデルです。

イラストから見て分かる様に、CMOPは、人は環境の中に存在しており、作業を行う事で環境と関わっていると考えられています。

CMOPの構成要素
・人
・スピチュアリティ(価値観)
・作業
・環境

スポンサードリンク


 

 

人は、身体面」「認知面」「情動面の3側の面に分けられます。

身体面動く事。

認知面考える事。

情動面感じる事。

 

この3つの側面を総括し人が良いと思う状態とは、

体が思った通りに動き、考え通りに物事が運び、楽しい・嬉しいと思う状態です。

 

逆に、人が悪いと思う状態とは、

身体が思った通りに動けず、考えがまとまらず、悲しい・苦しいと思う状態です。

 

 

スピリチュアリティ(価値観)

 人の中央でとなっているのが、スピリチュアリティ(価値観)です。

スピリチュアリティとは、その人の個性の素として位置づけられています。

実際には、見たりする事は出来ませんが、その人の風貌、行い、作り出す作品などによって感じ取る事ができます。

 

例えば:
・自分は何に対して楽しいと思うのか?

・自分は将来的にどうなりたいのか?

・自分はどの様な生き方をしたいのか?

 

と言う様に人はそれぞれ違った価値観を持っています。

つまり、スピリチュアリティとは、"がどの様に考え、感じ、行動するのかを反映する"ものであり、作業のやり方にも影響を与えます。

 

 

作業

作業とは、日々行われている活動や課題であり、個人の価値観や文化により形成されています。

作業はセルフケア」「生産活動」「レジャーの3領域に分ける事が出来ます。

セルフケア
自分の事を自分でする作業。
生きる為に必要な身の回りの作業。

 

生産活動
社会的、経済的に貢献する作業。
経済的維持を目的とした作業。
その他に、家事や学業などが含まれます。

 

レジャー
心身ともに楽しむ作業。
ゲームやスポーツなどの趣味が含まれます。

人は、この"3つの領域がバランス良く保たれている時に良い状態"とされます。

 

例えば:
仕事ばっかりしていると、生活にストレスを生じやすくなり、逆に遊んでばっかりだと生活が虚しくなる。といった様に偏り過ぎても良くないと事が伺えます。

 

 

環境

環境とは、様々な側面をもっており、
文化的」「社会的」「物理的」「制度的の4つに分ける事が出来ます。

文化的環境
人は個で生きていけないので、何らかの集団に所属しています。
国や地域などで、普通だと感じる事柄がある事を文化的環境と言います。

例えば:
日本人は箸で食事を摂る。上司や先輩に敬語で接する。などが挙がります。

 

社会的環境
家族や友人、会社の同僚などの人的環境を指しています。

 

物理的環境
地形や気候、家や職場などの建物などが挙がります。

例えば:
自宅と病院では、物理的環境が大きく関与しており、自宅はバリアフルに対して病院はバリアフリーが普及しています。

 

制度的環境
人が作った決まり事であり、国の法律や規則などが挙がります。

 

環境は、作業に大きな影響を与えており、人がどの様に作業をするのか?を知る為には、環境を知る必要があります。

例えば:
移動を例に挙げてみると、、、
移動する際に、だれと、どこに行くのか(環境)を知らなければ、移動形態は歩きか、自動車か、公共交通機関を使うのか(作業)を考える事が出来ません。

 

 

CMOP−Eとは

CMOP−Eは、2007年にCMOPから改定されたモデルになります。

環境には作業が入り込んでおり、作業には人が入り込んでいます。

また環境自体にも僅かながら人が入り込んでいます。

 

つまり、OTが注目するべき箇所は、作業に関する部分であり、"作業を通して人と環境を結びつける事を重視"しています。

 

この事を理解すると、
人・作業・環境を結びつける為には、OTは人への介入(機能練習など)を行い、また環境(環境調整)への介入も行っていくとされます。

スポンサードリンク


 

 

まとめ

CMOP-Eは、人・作業・環境の相互作用を意味しており、作業を通して人と環境を結びつける事を重視しているモデルです。

基本概念として、①人、②スピリチュアリティ、③作業、④環境から構成されています。

 

 

最後まで読んで頂き有難うございました。

 

 

関連記事

画像を「クリック」すると記事を読む事が可能です

スポンサードリンク


 

 

参考文献・書籍

作業で語る事例報告-作業療法レジメの書き方・考え方-

作業療法がわかるCOPM・AMPSスターティングガイド

カナダモデルで読み解く作業療法

カナダ作業遂行モデル(CMOP)−作業遂行プロセスモデルを用いた実践−

 

スポンサードリンク