脳画像を理解する。〜松果体レベル(内包後脚)編〜
Pocket

ウェブページを閲覧して頂き有難うございます。

 

管理人のYudai@yudai6363)です。

 

 

現在の記事では、「脳画像が苦手なThrでも理解出来る様にシリーズ化」にしてまとめています。

 

 

今回の内容として、

について解説していきます。

 

 

錐体路とは

 

ざっくり説明すると、錐体路とは、「運動命令を随意的に骨格筋まで伝える神経」です。

 

錐体路は、中心前回から、内包、中脳、橋、延髄、そして骨格筋まで通る下行性神経路です。

 

 

▶︎錐体路の走行

 

錐体路は、

①中心前回から始まり、

②放線冠

③内包後脚

④中脳大脳脚

⑤橋底部

⑥延髄錐体と続きます。

 

脳画像で、錐体路をしっかりと特定できるのが、中心前回内包後脚中脳大脳脚延髄錐体の4箇所となっています。(放線冠、橋底部に関しても大まかには分かる。)

 

 

 

 

内包後脚の見つけ方

▶︎松果体をみつける

 

内包後脚「松果体レベル」のスライドで確認します。

 

CT・MRI画像ともにまずは、「松果体」を最初に見つけます。

 

CT画像では、やや後方中央に白い点と左右側脳室後脚の中にある白い点、計3点が特徴的です。

 

MRI画像では、CT画像の様に白い点は確認出来ず、MRI画像で確認出来る部分として、松果体は「クリネオ」の様に見えるのでこの部位を目印にします。

 

ポイント!

・まずは、松果体を見つける。

→CT画像では「白い3つの点」を目印にする。
→MRI画像では「クリネオ」の形を目印にする。

 

 

 

▶︎「く」の字型をみつける

 

内包は「く」の字型をしており、大脳基底核視床に囲まれています。

 

具体的な位置関係として、前方に尾状核内側に視床外側にレンズ核(被殻+淡蒼球)があり、その間に内包は位置します。

 

 

 

 

▶︎内包後脚をみつける

 

内包を確認出来たら、続いて「内包後脚」を探す作業に移ります。

 

錐体路が通るのが「内包後脚」であり「く」の後半部分です。

 

また、体部位局在の配列前方から顔、上肢、体幹、下肢となります。

 

 

ポイント!

尾状核、視床、レンズ核(被殻+淡蒼球)の間に囲まれた「く」の字型の内包を見つける。

・「く」の下半分が内包後脚であり錐体路が通る。

・体部位局在の配列は前方から、顔、上肢、体幹、下肢となる。

 

 

 

 

画像の種類ごとのみかた

 

CT画像では内包後脚の特定は出来ますが、MRI画像ではなかなか内包後脚を特定する事が難しいとされています。

 

▶︎T1強調画像

 

島に挟まれた部分で、グレー色である「尾状核、視床」を特定します。

 

その隙間に内包があります。

 

 

 

 

▶︎T2・FLAIR画像

 

島に囲まれた部分で、黒い色の「く」を見つける事が出来ます。

 

これが内包となります。

 

 

ポイント!
・MRI画像では、内包を確認する事が困難。
①T1強調画像
→尾状核・視床はグレー色であり、その隙間に「内包」がある。
②T2強調画像・FLAIR画像
→島に囲まれた部分で黒い色の「く」を確認出来る。この部分に「内包」がある。

 

 

 

 

まとめ

 

脳画像で、錐体路をしっかりと特定できるのが、中心前回、内包後脚、中脳大脳脚、延髄錐体の4箇所であり、今回は「内包後脚」について解説した。

 

・内包後脚の見つけ方として、
①まずは、「松果体」を見つける。
→CT画像では白い点。
→MRI画像ではクリオネの形を目印として探す。

 

②その後、尾状核、視床、レンズ核(被殻+淡蒼球)の間に囲まれた「く」の字型の内包を見つける。

 

「く」の下側が内包後脚であり、前方から順に顔、上肢、体幹、下肢の順に錐体路が通る。

 

 

 

 

関連記事

 

 

最後まで、閲覧して頂き有難うございます。

 

もし良かったら、Instagram・Twitterのフォローをお願いします。 

 

※ウェブページの見出しから、各リンクへのアクセス可能となっています。