リーチ動作に伴う体幹機能を理解する。〜体幹機能への介入方法〜
Pocket

ウェブページを閲覧して頂き有難うございます。

 

管理人のYudai@yudai6363)です。

 

今回は、脳卒中対象者の

について解説していきます。

 

 

まず、上肢のリーチ動作において、肩関節のみの運動で表現する事は適切で無く体幹の運動が基盤となります。

 

リーチ動作に対して介入する際、上肢機能に着目しがちですが、まずは脳卒中対象者の動作分析を行い、体幹機能が働いているか評価し介入する事が重要です。

 

体幹機能に関与する神経路

脳卒中片麻痺対象者で体幹機能が働かない場合、以下の事が考えられます。

 

神経経路として、腹内側系神経路である「橋網様体脊髄路、前庭脊髄路、視蓋脊髄路、内側皮質脊髄路、延髄網様体脊髄路」が損傷されると体幹機能に低下が生じます。

 

体幹機能が低下している場合、抗重力伸展活動が働きにくく、体幹屈曲位から伸展位、伸展位から屈曲位の間を連続的に必要に応じて調整する事が困難になります。

 

脳卒中片麻痺対象者の場合、姿勢緊張(core stability)を構成する筋群(腹斜筋、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群など)に問題をきたします。

 

 

 

座位姿勢の動作分析

体幹機能が低下している場合の座位における動作分析では、頭頸部屈曲、胸腰部屈曲、骨盤後傾、股関節伸展、坐骨は前方へ移動する姿勢となります。

 

その為、体幹中間位を保持する事が困難であり、体幹の選択運動の欠如から左右どちらかに偏った非対称姿勢を呈している場合が多く、座位保持できたとしても偏った位置から動く事に効率性を欠け、瞬時に運動の切り替えが困難となります。

 

その他にも、予測的運動制御が機能しないと、リーチ動作において体幹機能の役割を担う脊柱起立筋群が機能不全となります。

 

その結果、体幹を働かす為の準備や調整する事が出来ず、姿勢保持する事が困難となります。

 

 

 

介入するうえでの知識

介入するうえで、理解するべきポイントがあります。

 

姿勢制御と身体の平衡の維持は、腹内側系の抗重力筋を制御する回路に依存しており、この回路の重要な構成要素には、網様体脊髄路前庭脊髄路があります。

 

「網様体脊髄路」では、主に予測的に行われる姿勢制御に関与します。

 

さらに網様体脊髄路は、「皮質橋網様体脊髄路」「皮質延髄網様体脊髄路」にわける事ができます。

 

「皮質橋網様体脊髄路」では、動作に先行し足圧力中心(COP)を変化させ、支持側の安定化に関与します。

 

「皮質延髄網様体脊髄路」では、運動肢の筋緊張コントロールに関与します。(支持側の安定化を図られている事が条件)

 

 

「前庭脊髄路」では、与えられた刺激に対して起こる姿勢制御であり、重心の変化に対して伸展活動を高める事に関与します。

 

これらの神経路は、視覚系、体性感覚系(固有受容器・皮膚受容器・関節受容器など)、前庭覚系からの入力によって活性化されます。

 

 

 

介入方法

リーチ動作を行う際に、どの程度の「Proactive(皮質網様体脊髄路)」「Reactive(前庭脊髄路)」「随意性(外側皮質脊髄路)」が必要か把握する事が重要あり、これらが共に活性化する事でリーチ動作が獲得されます。

 

 

特に体幹機能の観点から診ると「皮質網様体脊髄路」「前庭脊髄路」に対して介入を行う事が重要と考えています。

 

 

皮質網様体脊髄路での介入では、あえて前庭脊髄路を減少させ臥位姿勢や環境を選択させ支持基底面を拡大した状態での活性化を図ります。

 

そして、固有受容器を取り組めるようにし感覚入力を行い、近位筋や抗重力筋の緊張コントロールや予測的運動制御の改善を図ります。

 

 

前庭脊髄路での介入では、サンディングボードを使用して抗重力伸展活動の賦活を図り、上肢挙上に対する重心の変化に対して伸展活動を高める事に関与します。

 

また、抗重力伸展活動が働く際は、重心動揺に合わせて同時収縮を行っている為、動作の中で徒手的にハンドリングを行い抗重力伸展活動の賦活を図る介入方法があります。

 

 

 

最後まで、閲覧して頂き有難うございます。

 

もし良かったら、Instagram・Twitterのフォローをお願いします。 

 

※ウェブページの見出しから、各リンクへのアクセス可能となっています。

 

 

 

 

 関連記事

 

 

 

 

 

参考文献

・久保田勝徳:脳卒中片麻痺患者の体幹機能と皮質網様体線維の関係 〜Probabilistic tractographyを用いた解析〜,Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science,2019

・嘉戸直樹:体幹筋群および殿筋群への治療により麻痺側上肢機能の改善を認めた脳血管障害片麻痺患者1症例,関西理学,2002

・林哲弘:体幹部に協調運動障害を認めた脳幹梗塞の症例 ~ 上肢の挙上動作に着目して~,関西理学,2014

・丸岡祥子:上肢運動に際した先行随伴性姿勢調節に関する文献的研究,関西医療大学紀要,2012

・高橋和弘:肩関節屈曲運動時の体幹運動と体幹筋活動,第10回肩の運動機能研究会,2013

・高草木薫:大脳皮質・脳幹-脊髄による姿勢と歩行の制御機構.脊髄外科27:208-215,2013

・山本伸一:臨床 OT ROM 治療-運動・解剖学の基本的理解から介入ポイント・実技・症例への展開-.株式会社 三輪書店,2015.p26-33.

・山本伸一:中枢神経系疾患に対する作業療法-具体的介入論からADL・福祉用具・住環境への展開-.株式会社 三輪書店,2009.p83-88.

・柏木正好:環境適応-中枢神経系障害への治療的アプローチ-.株式会社 青海社,2004.p12-15.